素材案内

PRODUCTS

マキベリー

マキベリー

原料紹介

  • マキベリーSDパウダー
  • 有機JASマキベリーFDパウダー
  • マキベリー濃縮果汁(ストレート18°Bx/濃縮率3.6倍/65°)

マキベリーの特長

マキベリー島

マキベリーは常緑灌木で高さは3-5mの雌雄異体植物です。果実は直径6mmぐらいの球形、色はつやのある黒色で、完熟するのは1月から3月までのわずか3ヶ月です。マキベリーはまだ人工的には栽培されておらず、野生のままの希少な品種です。
先住民マプチェ族の人たちは、表皮を天然染料として使用する一方で、葉と実は、収斂性があるため下痢止め、抗炎症薬や解熱剤として民間療法で使用していたと言われています。現在でも、地元ではジュースやジャム或いはワインにして利用されています。

マキベリーの果実に含まれる成分にはポリフェノールが圧倒的に支配しています。中でもアントシアニンが豊富で、ヒトの健康に優れた恩恵をもたらすことが科学者によって確認されています。
普通の野菜や果物にもポリフェノールは含まれていますが、特に抗酸化能の高い果物は、「スーパーフルーツ」と呼ばれています。マキベリーがその「スーパーフルーツ」の代表格です。

マプチェ族 マキベリーの樹木
マキベリー

マキベリーの機能性

マキベリーに科学者が注目し始めたのは、今世紀に入ってからです。
エイジングケア、抗ウィルス、抗菌、抗肥満、アイケア、抗炎症等があると言われています。

マキベリー